ご案内

漢方診療
舌診入門
ちぐさのもり
求人案内
混雑状況カレンダー
ちぐさのもり
初診問診票
漢方問診票
ミタクリ通信
ミタクリ通信 食の和
facebook クリニック
facebook ちぐさのもり
お気軽にお問合せください
お問合せはこちら
当院のコンセプト

当院のコンセプト

ご家族みなさんで通っていただける「ファミリークリニック」をめざしています。

どんな症状であっても、健康に関するお悩みがあったとき、

当院に相談しようと思っていただけるような存在になりたいと思っています。

ご挨拶

三谷ファミリークリニックは、大阪府堺市西区のJR阪和線鳳駅東口から徒歩3分の内科の診療所です。

当院では、糖尿病をはじめとする慢性疾患の療養指導を中心に、漢方・東洋医学を積極的に取り入れ、患者様に本来備わっている「治そう、治ろう」とする力を引き出すことを目的として診療に取り組んでいます。

定期往診や介護スタッフとの緊密な連携のもとに、患者さんの健康をトータル的にお手伝いいたします。

当院の特徴

Mission

◆健康に関するどんな問題でも相談にのれる、かかりつけ医(=家庭医)を目ざしています。

家庭医とは「老若男女、臓器を問わず、あらゆる健康問題の予防・診断・治療・リハビリにわたるまでを一手に担い、心理・社会・倫理的な側面まで配慮しながら、患者さまの身近な相談役となれる医師」のこと。

簡単に言えば「どんな健康問題でも相談にのれる、かかりつけ医」です。

クリニックで治療困難となれば、スムーズな病診連携(入院が可能な総合病院と当院との連携)で専門医療機関へ紹介するのも重要な役目と考えています。

治療を終えて退院したあとも、通院が困難であれば定期往診をさせていただき、介護スタッフとも緊密な連携をとりながら安心して在宅療養ができるように進めてまいります。


Value

◆レントゲン・超音波エコー検査はもちろん、血液検査の結果もすぐにお伝えできる設備を整えました。

当院では最新の血液検査機器を導入しているため、血糖、HbA1cは1滴の血液で判定することができます。

また、肝機能や腎機能のほか、患者さまの関心が高いコレステロールや中性脂肪も30分程度で結果が出るようにしました。

(検査結果のみのお渡しはできません。必ず診察をお受けください)

尿病の方はもちろん、慢性肝炎や腎疾患、高脂血症の患者さまのお役に立つこともできます。

画像検査では、超音波エコーで腹部はもちろん頸動脈の評価も可能です。

PWVとあわせて動脈硬化の評価を重要視していますので、糖尿病・高血圧を中心とした慢性疾患管理に力を発揮します。

もちろん、レントゲンや心電図(往診用もご用意できます)・肺活量の測定(スパイロ)といったプライマリな疾患に対応できる検査も充実させています。

検査結果は即日お知らせすることができ、結果に基づいた診療をすぐに進めることが可能です。


Vision

◆充実した西洋医学の診療に加え、漢方・東洋医学を積極的に取り入れた総合的な診療を行っています。

漢方診療は、最新の西洋医学治療と相対するものではありません。

西洋医学的な手法を存分に活かしながら、漢方治療を受けていただくことも可能です。

ご本人が気づいていなくとも、身体の中で病(やまい)が既に成立しているかもしれません。

しかしそんなとき、西洋薬を使うべき目的がハッキリしないことがあります。

「先生、私、検査ではどうもないんやけど、何でこんなに調子が悪いの?」

・・・さあ、ここからが私たちの腕のふるいどころです。

このような病態を、東洋医学では未病(みびょう)と呼びます。

当院では、患者さまの訴えをしっかり受けとめて、その「未病」を的確に把握します。

私たちとともに共同作業で治療を進めていけば、「漢方薬は本当に良いもの」だということを実感していただけるはずです。

Care

◆女性医師による診察も行っていますので、女性の様々はお悩みもお気軽にご相談頂けます。

私たちは開設時より二人の医師で診療を行っていますが、大きな特徴は女性医師がいることです。

女性ならではのライフサイクル全般についての悩みを理解してお話を聞かせていただくことができますし、細やかな心づかいで向き合うことができます。

「かゆいところに手が届く」そんな診療です。

診察室からはたえず笑い声がひびいています。とてもやさしいので、男女問わず成長期の子どもたちにも大人気です。

「先生に聞いてもらうだけで元気になれるんや」不安そうな面持ちで診察室に入っても、出てくるときは晴れやかな笑顔になっておられます。

日々の養生の話はとても大切ですが、ともすれば強制になってしまうこともよくあります。

そこでも、患者さんにその気になっていただくのが基本という考えでお話させていただいていますので、「先生にほめてもらえるように頑張るぞ!」となるわけですね。